忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

黃曉明のアルバムが待ち切れなくて、とりあえず先に注文していました林峯のこちらもソロデビューアルバム「愛在記憶中找你」。
YesAsiaでもセールスランキング上位に入っていましたが、既に2万枚以上、売り上げているとも。
セールスが好調なのは喜ばしいことですね。

しばらく前に到着して、既に結構へヴィロテになっています。
ジャケットが3種類用意されているのですが、我が家にやってきたのはこちらのヴァージョンでした。

とにかく彼については喋っている時の声もかなり好みなのですが、歌になると、一層、その声が好ましく感じられます。
ちょっと鼻にかかる甘い声が広東語の独特の響きと相まって、何とも言えない心地良さを感じてしまいます。
アップテンポの曲でも、その声の魅力は十分に生かされていますが、やはりバラードになると甘い声が生きますね。
情感豊かで、しみじみと聴き惚れてしまっています。

ただ悲しいのは、聴いているだけでは歌詞がほとんどわからないこと。
台湾國語や北京語ならまだ少しは聴き取れるのですが、広東語は厳しいものがあります。
それがとても残念。
でもお気に入りの一枚になりました。

全10曲収録のCDとMVが2曲収録されたDVD付き。
MVでの表情も、さすがTVBの看板俳優という感じの充実ぶりです。
早速、MVまでiPodに入れてしまいました(笑)。

CD
01. 愛在記憶中找你 (歲月風雲 插曲)
02. 朋友, 請不要傷悲
03. 赤地轉機
04. 你並不孤單
05. 原罪
06. 真的哭了
07. 潑墨桃花
08. 一次一次一次
09. 反話
10. 自己保重

DVD
1. 愛在記憶中找你 MV
2. 赤地轉機 MV


YouTube 「林峯 - 赤地轉機 MV」
 http://www.youtube.com/watch?v=mWHqKCbd1Pc

PR
黃曉明のデビューアルバムを楽しみにしているところですが、香港TVBの看板俳優、林峯も23日、初めてのソロCDをリリースしています。

ドラマのサントラなどで、随分歌っているので、個人でのCDもリリースしているような気がしていましたが、初めてなんですね。
とても甘い声で、しかも歌もかなり上手い彼。
俳優としてもとても好きなのですが、歌手としてもかなり好みなのです。
ということで、このCD、早速注文しなければ(笑)。

とは言うものの、黃曉明のリリースを待って、一緒に注文予定なのですが。
ちなみにアルバムタイトル(予定)は「I'm Coming」だとか。
29日リリース予定と出ていましたが、どうやらまた延びた模様(笑)。
12月初め頃?などと噂されています。
待たされますね。

YouTube「林峰 - 愛在記憶中找你《勁歌金曲》」
 http://youtube.com/watch?v=glML_9bgTqM

謝霆鋒の主演する古龍原作の古装ドラマ『大人物』ですが、8日から大陸のCCTVで放送が始まるそうです。

撮影時から、かなりメディアでも取り上げられていましたが、どんなドラマになっているのか、気になります。
原作が古龍といっても、原作に随分手が加わっているようですので、どんな展開になるのか、今一つ、想像がつかないんですよね。

CCTVは各話の粗筋を結構早い段階でサイトにアップしてくれるのですが、『大人物』についても現在、8話までの内容がアップされています。
添えられている写真のニコがなかなか素敵です(笑)。

全部で31話なのでしょうか?
いずれにしても、これも見たかったドラマの1つなので、早いメディア化を期待したいところです。

30秒の予告編もアップされています。

CCTV.com「谢霆锋主演:大人物1」
 http://tvguide.cctv.com/20071105/102830.shtml

予告編はこちら
 http://tvguide.cctv.com/20071107/102852.shtml
先月の「FACE in JAPAN」のために来日していた鄭嘉穎、吳卓羲、そして林峯のインタビューなどがちらほらと出てきていますが、先日の「アジアン!プラス」に続いてライブ台湾にもインタビューの動画がアップされています。

3人揃うと息が合っていて、面白いですね。
特に林峯(林峰)は香港の若手さんではかなりのお気に入りなのですが、こういうインタビューってあまり目にする機会がないので、先日の「アジアン!プラス」も興味深かったのですが、今回も面白く見ました。
林峯は声も好きなので、ラジオでも十分楽しめるのですが、でも顔が見えると一層良いですね(笑)。
陽気な人柄が垣間見えて良かったです。
それに香港人の北京語はネイティブではないからか、とても聴き取りやすいのが嬉しい(笑)。
こんなふうに顔を見ると、『女人唔易做』あたりを見直したくなります。

でも3人とも素敵です。
香港は映画界よりドラマの方が若手さんの層が厚いような気がしてしまったり……。

林峯と吳卓羲が現在撮影中の『少年四大名捕』も放送が楽しみです。

ライブ台湾
 「香港発、注目のイケメン俳優、ロン(呉卓羲)・ケビン(鄭嘉穎)・レイモンド(林峯)、来日インタビュー!」
 http://www.livetaiwan.jp/news/newsc/news_page.php?act=270916020

先日パパになったばかりの謝霆鋒。
彼に加え元彪(ユン・ピョウ)と、洪金寶(サモ・ハン・キンポー)などが出演したドラマ『詠春』は、かつてのカンフー映画ファンとしても(笑)見逃せないかも……な作品。
既にメディア化もされているのですが、言葉が北京語なんですよね。
できれば広東語の方がいいので、香港版か何かがリリースされるのを待っているところ。
勿論、広東語は殆ど聴き取れないのですが、でもやはり香港の俳優さんの出演作は広東語で見たいんですよね……。

現地で放送されている広東語ver. を少しだけ見る機会があったのですが、なかなか面白そうなドラマですね。
鼻っ柱が強くて無鉄砲な役って、ニコにはピッタリ(笑)。
また、サモ・ハンやユン・ピョウはある意味当然として、アクションシーンにおけるニコの身体能力の高さを改めて実感しました。
香港映画の若手さんはこの辺りが大陸や台湾の俳優さんと明らかに違いますよね。
ワイヤーアクションに頼りすぎず、きちんとアクションをこなせるのは流石だなぁと思います。

霆鋒といえば『大人物』も気になりますし、どちらも広東語ver.が早くリリースされると嬉しいです。
黃曉明が映画『神槍手』に出演することが正式に決まり、撮影に入る前に射撃の訓練が行われているそうです。
先日、その訓練の様子がメディアに公開されたようですが、黃曉明はじめ4人のキャストは迷彩服を着て登場。
黃曉明、迷彩服が実によくお似合いですね。

香港映画ということで、内地のものとは異なる演出などで戸惑うこともあったりするのかもしれませんが、キャリアの面においてもこれが良いきっかけになるといいなと思います。

こういうアクションものは、あまり好きな方ではないのですが、でもこの迷彩服姿を見ると何だか俄然、「見たい」という気持ちが高くなってきました。

あと、黃曉明に関しては『西遊記』への出演があるかどうか、それが一番気になっていたりしますね(笑)。

新浪娯樂「仨神槍手比造型 林超賢欲重現港片槍戰風採」
 http://ent.sina.com.cn/m/c/2007-08-15/02201676761.shtml
 
搜狐娯楽「黃曉明領銜《神槍手》 穿迷彩服展制服誘惑」
 http://yule.sohu.com/20070814/n251582839.shtml
AppleのTrailerコーナーを覗いてみたところ、梁朝偉(トニー・レオン)と王力宏が出演する李安監督の『色、戒』のTrailerが公開されていました。
これはUS向けなのでしょうね。
タイトルは『Lust, Caution』。

台詞は無く、静かなBGMを背景に流れる映像はとても綺麗です。
原作通りだとしたら、40年代の上海が舞台になっているんだと思いますが、古い上海らしい雰囲気が十分に漂っているようです。

また、王力宏が思った以上にこの役に合っているように思いました。
そしてトニー・レオン。
さすがは影帝、という感じで、この1分45秒の短い映像の中でも存在感はひときわ。
短編だった原作をどんな風に映画化しているのか、気になります。

Apple - Trailers - Lust, Caution
 http://www.apple.com/trailers/focus_features/lustcaution/trailer/
 *QuickTimeが必要ですが、Appleでは非常に美しい映像が楽しめる
  高画質のTrailerも公開されています。

WindowsMediaPlayerをご利用の場合はこちらから。
 http://www.focusfeatures.com/home.php 
謝霆鋒と張柏芝の間に男の子が誕生したという情報が大陸メディアに上がっています。
ただ男の子だという点では共通しているのですが、生まれた時間など、メディアによって内容が異なっていて、どうもきちんと確認されてはいない様子。
「謝霆鋒に似ていて、髪の毛もいっぱいある」などという情報もありますが、どうなんでしょうか。
ただ、彼女が入院しているのは事実で、出産が近いのも間違いないことのようなので、いずれにしてもすぐにきちんとした情報が出てくるんだと思います。

補足
きちんと確認された情報が出てきていますね。
それによると、1日、午後9時45分頃、張柏芝は帝王切開で男の子を出産。
体重はおよそ3キロ(6.8ポンド)。
母子共に元気とのこと。

謝霆鋒の經紀人MANIさんによると、赤ちゃんは「上半分は張柏芝に、鼻から下は霆鋒に似てる気がします。鼻がとても大きいですよ」。
謝霆鋒は我が子との対面で、感動で涙していたそうです。
張柏芝は泣かなかったようですが(彼女らしい気が… / 笑)。
謝霆鋒は2週間のお休みをもらえるそうです。
赤ちゃんとのんびり過ごせると良いですね。


王仁甫と同い年のニコですが、パパになった仁甫はイメージしやすかったのに対して(お相手が季妹妹ですし)、パパになるニコって言うのはどうも想像がつかない(笑)。
今でもまだまだニコは子どもという印象が強いんですよね。
それは張柏芝にも言えることですが。
どうもこのご夫妻は父と母には見えなくて……。
でもこれからどんどんそういう風格も身に付けていくんでしょうね。

何はともあれ、とてもおめでたいニュース。
お子さんが元気に、そして幸せに成長して欲しいですね。

それにしても、何度見ても「剖腹」という表現には慣れませんね(苦笑)。

新浪娯樂には、2人のこれまでを集めた特集ページも登場しています。
「張柏芝成功產下一子」
 http://ent.sina.com.cn/f/s/fengzhifuhe/index.shtml
しばらく前から、中華圏で話題になっている劉德華(アンディ・ラウ)主演の映画『三國之見龍卸甲』のポスター。
劉德華扮する趙子龍の甲冑姿が日本の武士みたいだという声も上がっているとのこと。
確かにそう言われればそういう気もしてきます。

日本の武士みたいかどうかはともかくとして、このポスターを見る限りでは、「見たい」という期待感が涌いてこないのは事実。
何だかおっさんくさい気がしてしまいます。
趙雲のイメージじゃないなぁ……。
子龍はもっと若々しくないと…。

おじさん連中が相変わらず引っ張っている香港映画界ですが、そろそろ若手にもっと前に出てきて欲しい気もしますね。

新浪娯樂「劉德華版“趙子龍”造型被指像日本武士」
 http://ent.sina.com.cn/m/c/p/2007-05-26/16191571047.html
百事(PEPSI)が缶のデザインを一新するようで、古天樂、謝霆鋒、蔡依林、陳冠希の4人が、そのための撮影に臨んだ様子がニュースになっています。

それぞれにコンセプトがあるようで、古天樂は「百事數碼照片罐 (photo)」、蔡依林は「百事旅游罐 (travel) 」、陳冠希は「百事表情符号罐(emoticon)」、そして謝霆鋒は「百事73774罐(73774)」。
ニコの「73774」は「PEPSI」のこと。
携帯でこの数字を押せば「PEPSI」になるでしょ、とのことみたいですね。

古仔はblogをほぼ毎日更新し、その中で写真を多く使っていることから、「百事數碼照片罐 (photo)」はピッタリだ、というようなことを書かれています。
確かに忙しいでしょうに、本当にマメにblogを更新してくれるので、毎日楽しみにしていたりします。

えぢ(陳冠希)の「エモーティコン」というのも面白いコンセプトですね。
MSN(MSN Messenger)がポピュラーな中華圏ならでは、という気もします。
SkypeやiChatでも勿論使えるので、一応、馴染みはありますが、どんなデザインなんでしょうね。

新華網に上がっている写真のなかで一番先に目が行ったのがニコと古仔が、それぞれパソコンを見ている2枚。
ニコの写真で、「これMacだ」と思ったんですが、古仔のものではしっかりと林檎マークが写り込んでいます(笑)。
Macへの反応は、条件反射みたいです(笑)。

新華網「演繹"藍色"風情 古天樂來京將揭開"影舞"面紗」
 http://news.xinhuanet.com/ent/2007-04/24/content_6019461.htm

TOM娛樂「巨星演繹百事罐上故事 古天樂29日北京揭面紗」
 http://ent.tom.com/2007-04-23/000E/36170540.html
ご挨拶

いらしていただいてありがとうございます。
来てくださる方の限られたこっそりblogですが、お付き合いいただけましたら嬉しいです。

TBは受け付けておりませんが、コメントはいつでも大歓迎です。
古い記事についてのものでも大歓迎ですので、お気遣いなくコメントしていただければと思います。
もしもお気が向かれましたら、いつでもどうぞ。

また、各記事につけにくいコメント、あるいは足跡を残してくださる場合などにはこちらをお気軽にご利用ください。
また、管理人にのみ表示するかたちでコメントしていただくことも可能です。
ただ、その場合、こちらから差し上げるお返事も見えなくなってしまいますので、お返事用のエントリーを設けております。
非公開でコメントをくださった時には、そちらにお返事をさせていただきますので、ご確認いただけますと幸いです。
お返事用のエントリーはこちらのコメント返信用になります。


これからもマイペースでほそぼそと続けていければと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。

contact
管理人へのcontact、もしくは非公開でのメッセージには、以下のアドレスをご利用ください。

(メールソフトが開きます)

MailFormはこちらからご利用ください。

カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
小穂
自己紹介:
好きなことを好きなように書いていますが、お付き合いくださると嬉しいです。
Link
Last.fm
ゴガクルブログパーツ
Bloglines
バーコード
Copyright © 日日夜夜 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
-Natural breeze-
1キロバイトの素材屋さん
忍者ブログ [PR]