忍者ブログ
[1470]  [1469]  [1468]  [1467]  [1466]  [1465]  [1464]  [1463]  [1462]  [1461]  [1460
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あっという間に3月はどこかに過ぎ去ってしまいました(涙)。
そして、今日は哥哥 レスリー・チャン(張國榮)がいなくなってから6回目の4月1日。
さまざまな人がレスリーを偲んで、さまざまな形でその思いを表現しています。

30日には『東邪西毒 終極版』のプレミア上映が行われ、その席上でこの場にいないレスリーに寄せられたメッセージが紹介されたようです。
錚々たる顔ぶれによるメッセージを見ると、香港芸能界における彼の存在の大きさを感じさせられます。
また、例年通り、献花を許可してくれたマンダリン・オリエンタルホテル前は、例年通りの姿。

6年という決して短いとはいえない時間が過ぎても、変わらないものもたくさんあることをこの日は改めて感じさせてくれます。

レスリーよりルックスの良い俳優さんは他にもたくさんいると思いますし、彼より歌の上手い歌手もやはりたくさんいると思います。
彼より演技力の優れた俳優さんもたくさんいるはず。
それでも、これほどまでに惹きつけられるのは彼だけかもしれません。
レスリーの持つ、彼らしい“佇まい”がたまらなく好きです。

マンダリン・オリエンタルの様子はRED MISSION Japanのblogにも紹介されています。
綺麗ですね……。

RED MISSION Japan スタッフブログ : Sea of flowersーマンダリンオリエンタルホテル
 "http://rmjnews.exblog.jp/9537930/"
PR
この記事へのコメント

どうぞお気軽にコメントください:)
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)

*パスワードを入力しておいていただくと、送信後、ご自身でコメントを編集していただけます。



●Thanks Comment
6年目の4月1日 
小穂さん こんばんは!
気が付けばもう2009年の4分の1が過ぎ去ってますよね。
そして6年前から違った意味を持つようになった4月1日がやってきました(もう2日も過ぎてますが 汗)

今でもこうして供花スペースを提供してくれているマンダリンオリエンタル、そして大勢の人々がホテル横に献花したり、イベントを開催して彼を偲んでいることは、自分ではもうそういったイベントに参加するために香港に行くことはないだろうと思うだけにうれしく感じます。

未だにきちんと向き合えず逃避気味ですが(汗)
http://yaplog.jp/mylove_55/archive/367
レスリーに助けてもらった妊婦さんの話が紹介されていて、情景が浮かんでレスリーらしいスマートな優しさに涙が出てしまいました。


『東邪西毒 終極版』是非日本の映画館の大きなスクリーンで観たいものですね。
Rumin 2009/04/03(Fri)22:04:41 EDIT
早いものですね
Ruminさん、こんばんは!
そうですね、もう今年も1/4、過ぎてしまったんですね。
「光陰矢のごとし」というのが実感ですね。

そして、今年も巡ってきましたね、4月1日……。
今年もエイプリル・フールのジョークがネットでも交わされていましたが、2003年以来、この日はとてもじゃないですが、そんなジョークに笑える日ではなくなってしまいました。
もう6年も経ったんですね。

毎年のことですが、レスリーを偲ぶファンの皆さんの真摯な思いに触れ、彼への思いを新たにしているところです。
また、マンダリンオリエンタルホテル側が献花を許可してくれることにも、感謝の気持ちでいっぱいになります。
私も、日本で彼を偲ぶので精一杯で、4月1日のイベントに出席することはこの先も難しいだろうと思っています。
でもこの日は同じ思いを共有する人たちの存在をリアルに感じることができて、心強い気さえします。
6年前の4月1日の夜、同じように悲しむ多くの方たちに支えられて過ごしたことを毎年思い起こしています。

私もRuminさんと同じく、彼の不在に直面するのはまだまだ難しいところがあります。
6年経っても、相変わらずレスリーにはよく泣かされています。

妊婦さんのお話、私もレスリー関係のフォーラムで読みました。
広東語で書き込まれていたので、頭を抱えながらでしたが(汗)。
レスリーらしいエピソードですよね。
何だかその時の情景が目に浮かぶようです。
「大スターだというような驕ったところなど、全くなかった」というような言葉もありましたが、そういう人だからこそ、何年経とうがファンの心は離れていかないんでしょうね。

『東邪西毒 終極版』、日本でも話題になるといいですね。
ただ、私にとってはやっぱり睡眠薬代わりになってしまいそうな予感大なのですが(汗)。
『東邪西毒』、最初から最後まできちんと見通したことがなくて(汗)。
いつも途中で眠くなって、細切れでしか見てないんですよね。
本当に、王家衛との相性はどうしようもないほど悪くて、途中で放棄せずに最後まで見通せた作品は未だに一つもないんです。
感心したくなるほど確実に非常に強い睡魔に襲われてしまうんです。
でも、レスリーのところだけはいつも頑張って目を開けてるんですけど(笑)。
きっと『終極版』も、彼のところだけをつまみ食い状態になってしまうんだろうな、と覚悟しています。
『大英雄』は眠い時でも目が開くんですけど(笑)。
小穂 2009/04/04(Sat)00:54:33
ご挨拶

いらしていただいてありがとうございます。
来てくださる方の限られたこっそりblogですが、お付き合いいただけましたら嬉しいです。

TBは受け付けておりませんが、コメントはいつでも大歓迎です。
古い記事についてのものでも大歓迎ですので、お気遣いなくコメントしていただければと思います。
もしもお気が向かれましたら、いつでもどうぞ。

また、各記事につけにくいコメント、あるいは足跡を残してくださる場合などにはこちらをお気軽にご利用ください。
また、管理人にのみ表示するかたちでコメントしていただくことも可能です。
ただ、その場合、こちらから差し上げるお返事も見えなくなってしまいますので、お返事用のエントリーを設けております。
非公開でコメントをくださった時には、そちらにお返事をさせていただきますので、ご確認いただけますと幸いです。
お返事用のエントリーはこちらのコメント返信用になります。


これからもマイペースでほそぼそと続けていければと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。

contact
管理人へのcontact、もしくは非公開でのメッセージには、以下のアドレスをご利用ください。

(メールソフトが開きます)

MailFormはこちらからご利用ください。

カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
小穂
自己紹介:
好きなことを好きなように書いていますが、お付き合いくださると嬉しいです。
Link
Last.fm
ゴガクルブログパーツ
Bloglines
バーコード
Copyright © 日日夜夜 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
-Natural breeze-
1キロバイトの素材屋さん
忍者ブログ [PR]