忍者ブログ
[1484]  [1483]  [1482]  [1481]  [1480]  [1479]  [1478]  [1477]  [1476]  [1475]  [1474
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

陳奕迅(イーソン・チャン)の広東語ニューアルバム「H³M」。
アルバムジャケットがなかなか素敵で、「これ、奕迅?」なんてちょっと失礼なことを思ってみたりもしたのですが、中身の方は間違いなく “陳奕迅” らしさに溢れた一枚でした。

アルバムタイトルは、彼のライブにも同行しているバックバンドの名前からなのですね。
奕迅個人の作品というより、バンドも含めた彼らの共同作品ということ気持ちがこのタイトルに表れているようです。

楽曲の方は、どれもよくまとまっていて、奕迅の歌声が生きています。
難易度の高い楽曲であっても、きちんと歌いこなせるのは、さすが奕迅というところでしょうね。
それぞれの曲によって、歌い方も声も きちんと変えてきつつ、それでも一貫して奕迅らしさを感じさせてくれるのがすごいです。

香港ポップスは、とても面白くて個性的なメロディラインを持つ曲も多い気がしますが、このアルバムの収録曲は大人っぽいというのか、穏やかさを感じさせられる曲が多いです。
奕迅は國語曲の方をよく聴くのですが、このところ、香港ポップスがマイブーム(笑)なので、このアルバムもすっかりお気に入りです。
全10曲収録。
どの曲もお気に入りなのですが、「七百年後」「沙龍」「Allegro, Opus 3.3 a.m. 」「於心有愧」「Life Goes On」あたりが今のところは特に好きでしょうか。
でも、10曲、どれも外せないくらい気に入っています。

中華圏での高い評価や人気に比べると、日本では今ひとつ人気がない気がするのだけがちょっと残念だったりも……。

Eason - H3M(環球唱片のオフィシャルサイト)
 "http://www.umg.com.hk/minisite/eason_h3m_phase2/"
 *ページ下の「SONGS」から試聴することができます。
PR
この記事へのコメント

どうぞお気軽にコメントください:)
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)

*パスワードを入力しておいていただくと、送信後、ご自身でコメントを編集していただけます。


ご挨拶

いらしていただいてありがとうございます。
来てくださる方の限られたこっそりblogですが、お付き合いいただけましたら嬉しいです。

TBは受け付けておりませんが、コメントはいつでも大歓迎です。
古い記事についてのものでも大歓迎ですので、お気遣いなくコメントしていただければと思います。
もしもお気が向かれましたら、いつでもどうぞ。

また、各記事につけにくいコメント、あるいは足跡を残してくださる場合などにはこちらをお気軽にご利用ください。
また、管理人にのみ表示するかたちでコメントしていただくことも可能です。
ただ、その場合、こちらから差し上げるお返事も見えなくなってしまいますので、お返事用のエントリーを設けております。
非公開でコメントをくださった時には、そちらにお返事をさせていただきますので、ご確認いただけますと幸いです。
お返事用のエントリーはこちらのコメント返信用になります。


これからもマイペースでほそぼそと続けていければと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。

contact
管理人へのcontact、もしくは非公開でのメッセージには、以下のアドレスをご利用ください。

(メールソフトが開きます)

MailFormはこちらからご利用ください。

カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
小穂
自己紹介:
好きなことを好きなように書いていますが、お付き合いくださると嬉しいです。
Link
Last.fm
ゴガクルブログパーツ
Bloglines
バーコード
Copyright © 日日夜夜 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
-Natural breeze-
1キロバイトの素材屋さん
忍者ブログ [PR]